本文へスキップ

充填機、キャッパーなど包装機械の設計・製造・販売

TEL. 03-3624-3631

〒131-0033 東京都墨田区向島1-25-15

会社方針CONCEPT

会社方針

『 顧客満足と包装機械による社会への貢献 』

 私たちは、人と環境を大切にし、持てる資源を活用して常に技術革新につとめ、顧客満足を
 得られる包装機械設備を提供し、お客様の商品を通して社会により良く貢献することを使命
 とします。


ご挨拶  代表取締役社長 上月 清

CEO

 













 





『 お客様の満足のために 』

 弊社は、明治43年(1910年)10月に上月秀太郎により現在の本社の地にケーテー組製作
として醸造用並びに清涼飲料のガス充填の製造機械メーカーとして創業いたしました。
 お蔭さまで100年以上の長きにわたり事業を継続できますのも、お客様、お取引先様、
金融機関並びに業界関係者の皆様によるご厚情とご支援の賜物と思っております。
 
 その後、震災、戦争や度重なる不況と云う幾多の試練に耐え今日に至っておりますが、製薬会社、
化粧品会社、並びに食品会社向けの充填設備とそれらに関連する諸設備の製作・ 販売を中心に事業を
展開しております。
 
 包装機械メーカーとして「 お客様の満足と使い易い設備 」が私どもの使命と心得ております。
ダイナミックに技術革新が進行し、生産工程の自動化、省力化はますます迅速でかつ的確さを求められる
時代の中で、弊社が歩んできた豊富な経験と蓄積された技術の上に、お客様の声を生かし、技術陣の柔軟な
発想とアイディアを具現化して、必ずやご満足いただける画期的な製品を生み出せるものと
確信いたしております。
 
 情報通信の目覚ましい発展の中で、これらの技術に対応した生産設備が求められています。
弊社はこのような新しい時代に対応するべく埼玉工場本館の隣に新たに埼玉工場真心工房並びに匠工房を
建設致しました。
 今後とも技術革新に努め、「真心を込めて匠の技により常に顧客満足を得られる機械設備提供する」を
モットーに役員、社員一同精進努力してまいりますので、何卒変わらぬご支援をお願い申し上げます。

株式会社ケーテー製作所

代表取締役社長 上月 清


会社沿革

1910年
ケーテー組製作所(個人営業)を設立、主として清涼飲料水及び
醸造用瓶詰諸機械の開発に従事。
1951年
組織を株式会社に変更、株式会社ケーテー組製作所とする。
1956年
漸次、薬品その他各種自動包装機械の設計、製作の受注増加により、
製品内容が大きく転換。国内初の全自動キャッパーを始め、綿詰機、
定量式液体充填機、各種中栓機、シーマーと独自の技術を開発。
1964年
各機種のロータリー化を図り、ライン化を完成、海外への輸出を開始
1971年
社名を株式会社ケーテー製作所に変更、技術開発部門を拡充。
1980年
業界で初めてマイコン搭載機を発表、さらにメカトロニクス化を
推進する。
1990年
埼玉工場(埼玉県春日部市)を開設し、開発、生産及びサービスの
一体化を確立。
1994年
全ての機械のサーボ化を達成し、操作パネルのビジュアル化を同時に
確立。機能及び使い易さが飛躍的に向上する。
1999年
多様化する国内外のニーズに応え、高度の技術と経験を生かして機能
の向上と新機種の開発を進める。
2004年
埼玉工場の拡充を図るとともに、アイソレーターなどの充填一貫
ラインの開発を手がける。
2008年
1g以下の充填量に対して、充填量の全数計量が可能なインライン
微量充填量計量システムを開発。
2009年
製品の安全・安心を確保する高信頼な製造記録管理装置を開発。
2010年02月
国内初のSCFプレフィルドシリンジ充填ラインを開発。
2010年07月
国内初のバイアル充填、ゴム栓打栓、プラスチックキャップ打栓機
を開発。
2010年10月
創業100周年を迎える。
2013年06月
ISO9001:2008取得。
2017年10月
埼玉工場 真心工場及び匠工房竣工

バナースペース

株式会社ケーテー製作所

〒131-0033
東京都墨田区向島1-25-15

TEL 03-3624-3631
FAX 03-3626-1710